絵本作家を目指すなら通信講座は絶対にダメ!その理由とは・・・

    

絵本作家,通信講座

絵本作家になりたいから、通信教育で勉強しよう!って人も多いはず。

しかし、通信教育では絵本作家として絶対に必要となってくるモノを学ぶことができないから、通信教育を利用して絵本作家を目指すのは絶対にダメです!

 

でも、今から2年生の専門学校、4年生の美大に通えない・・・

それに受講費用も安い通信講座の方がお得!

 

そう思う人も多いでしょう。

このページでは、通信教育では絵本作家になれない理由とアナタが今からでも絵本作家を目指せるたった1つの方法を紹介しています。

 

通信教育では知識しか身に付かない・・・

ロングヒットとなれば数千万円、数億円の印税が見込めるのが絵本作家の魅力の1つですよね。

しかし、そこまで辿りつくのはやはり困難です。。。

 

そもそも、通信講座で知識を身に着けるだけ絵本作家になれるなら世の中は絵本作家だらけです。

それに、通信講座では絵本作家として重要なモノが欠損しているんです。

それが出版社とのコネクションです。

 

通常業務もあるのに、1日何十人、何十冊と新規の絵本が持ち込まれるわけだからコネクションが有る、無しでは扱いが違うのが分かりますよね。

 

でも、絵本作家としてデビューしたい!っ人の夢を実現できるたった1つの専門学校を見つけました。

詳しく説明しますね。

 

絵本作家としてデビューできる専門学校とは・・・

それは、東京恵比寿にあるアミューズメントメディア総合学院のノベル専科(夜間)です。

「昼間は仕事がある」「学校に通っているから…」といった人のために設けられた特別学科で、夜間週1回の講義で絵本作家に必要なノウハウやテクニックをマスターできます。

 

数々の実績を残してきた小説・シナリオ学科のカリキュラムを現役プロ作家・編集者が一人ひとり丁寧に指導するから初心者の方も安心です。

絵本作家になるために実践的な講義・投稿指導、小説家になるために欠かすことのできない技術力、作品制作までをトータルサポートしてもらえる学科です。

 

指導者が現役の編集者だし、多数の出版社にコネクションがある専門学校だから入学することで出版社へのコネクションが作れるを意味するワケです。

 

アミューズメントメディア総合学院はこんな人におすすめ!

  • 昼間は時間が無いから夜間部の専門学校を探してる人

 

  • 現役のプロ、編集者から直接指導をしてもらいたい人

 

  • 自分のペースで無理なく進めることが出来る学校を探してる人

 

  • 通信講座はだらけちゃう・・・という人

 

  • 出版社へのコネクションを作りたいという人

 

学費、カリキュラム、実績など詳しい情報は無料で取り寄せることが出来る学校案内を確認してください。

 

↓ 週1回の講義で絵本作家を目指す ↓

アミューズメントメディア総合学院の公式サイトはコチラ